成績を褒めることと過程を褒めること。 - はっぴいな育児をもとめて

成績を褒めることと過程を褒めること。

こんにちは。みもざです。
未就学児の場合は家庭学習、小学生以上になると宿題やテスト、家庭学習の場合、褒めやすい場合と褒めにくい場合がありますよね。その辺りの悩みを吐露します。

「点数だけをほめるのはダメ」

と言われますが、年齢によって捉え方もさまざま。また性別でも捉え方が違うようです。どうしたものか・・・。


プリントをやって、全問正解だったらもちろん褒めます。「全問正解だったからすごい!」だけでなく「よく考えた!」「ここ、よくひっかからなかったね」「これ、覚えられたね」など、子供が書いている答えを見て褒めています。字面通りの思いと、もう一つの思いもあります。

もし、全問正解でなかったらダメなの?ということになってほしくないなという思いです。今、できなかったところは次、少しでもできるようになっていればいいのです。0か100かになってほしくないので、全問正解でさらに何がよかったかをほめるようにしています。(滅多に全問正解なんてありませんが・・・)

思うようにできなくて子供が凹んでいる時


小さくても大きくても、自分ができると思っていたことが思ってたほどできなかった時は凹みます。感情のコントロールがまだうまくできない場合は泣いたり暴れたりすることもあるでしょう。

そんな時、小学校就学前後かそれ以下の場合は「できているところをほめます」。子供は「これもできてない」と言ってきますが「これができてるよ」「これもできているよ」と肯定的な話しかけをしていきます。間違っていることはできていないのではなくて「今から覚えること」「今から勉強すること」と前向きに話します。

ただし、小学校低学年でもおませさんな女の子や兄姉がいる子供たちはこれだと余計にプライドを傷つけられることもあるようです。
友人の娘さん、小学校二年生後半で受けたテストの結果が周りの子よりも低かったそうです。お母さんは「ここもできてるし、凹むことないよ」と声をかけたそうですが娘より「そんな慰めはいらない。恥ずかしいから黙ってて」といわれたそうです。

これを聞いて、子供の発達状況によって「褒めるだけ」ではダメなんだなと思います。途中からはできていないところを一緒に確認していく方がよさそうですね。

思春期に入ると親に全部見せる?


まだ小学生と幼児の子供しかいないので、中高生になったときの想像はできません。でも、自分の子供の頃を思い返すと「悪いテストは見せたくなかった」です。親に怒られそうで嫌だったんですよ。自分の経験より、こうなる可能性は高いのではないかなと思います。

そうなった時には、親ではない第三者と成績に関して話ができるようになると子供も相談先が確保できます。先生にも言えますが、先生との相性もあるのでいつも先生とうまくいくとも限りません。他には塾の先生も相談ができますね。ただ、みんな塾に言っているわけでもありません。近くに塾がない場合は通えませんし・・・。

通信講座をしている場合、自分の成績を相談できますか?【すらら】なら、「すららコーチ」という現役の塾講師が学習設計をしてくれたり、わからないことに答えてくれたりします。親ではない大人と直接やりとりができるのは心強いと思います。

成績だけを褒めることに疑問を感じてもどうすればいいのかわからなかったり、過程を褒めることになんだかわざとらしさを感じてしまった時は、もうプロに頼ってみませんか?
関連記事

コメント
非公開コメント

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © はっぴいな育児をもとめて All Rights Reserved.