【絵本紹介②】なかのひろたか「ぞうくんのさんぽ」「ぞうくんのあめふりさんぽ」パズルもかわいいです。 - はっぴいな育児をもとめて

【絵本紹介②】なかのひろたか「ぞうくんのさんぽ」「ぞうくんのあめふりさんぽ」パズルもかわいいです。

こんにちは。みもざです。今回の絵本は、なかのひろたかさんの
「ぞうくんのさんぽ」「ぞうくんのあめふりさんぽ」
です。家にあるのは「ぞうくんのあめふりさんぽ」です。

この本を手に取ったのは、絵本嫌いの我が子がこの絵を気に入ったからです。ただ、本屋さんに行った時、「ぞうくんのさんぽ」がなくて「ぞうくんのあめふりさんぽ」があったので、こちらを購入しました。

テンポがいいのか絵がいいのか、珍しくなんども開いた本です。あまりに気に入ったのでパズルも購入すると、珍しくよく遊びました。

ランキングに参加しています。クリックしてもらえると嬉しいです。
 ⇩⇩⇩
ブログランキング・にほんブログ村へ


なかのひろたか「ぞうくんのさんぽ」


こちらの絵本の発売は、なんと1977年。アラフォー世代誕生の頃です。
ぞうくん、かばくん、わにくん、かめくんが仲良くさんぽに出かけるお話です。よくあるお話なのですが、なぜか目をひきました。縦長でA4サイズに近い大きさです。

絵本って、ちょっと形が正方形に近かったり横長だったりしますが、A4サイズのような縦長のサイズにも魅かれました。子供には関係ありませんが・・・。親的に、このサイズ感がしっくりくるのです。もちろん、本を立てて置く時にもこのサイズ感がしっくりくるのです。


なかのひろたか 「ぞうくんのあめふりさんぽ」


こちらが、ぞうくんのさんぽがなくて私が購入した本です。
なんと、「ぞうくんのさんぽ」から36年ぶりの続編だそうです。前作ぞうくんのさんぽが単純で力強い構成だったため続編が生まれにくかった・・・と理由もがあるそうです。

ただ、さんぽが雨の日になり、前作と似ているけれど違った面白さがあります。そして36年も経っているのに、あの親しみやすい雰囲気が同じなのです。まさか、こんなに経っているとは思いもしませんでした。絵本嫌いの子供だけでなく、絵本大好きの私も大好きな絵本です。


知育に使える!?とたくらみ、パズルも購入しました


パズルが知育になるとの情報を得たので、早速子供にも試してみました。でも、興味がなくてほったらかし・・・。いつのまにかピースも欠けて・・・。「うちの子に知育は無理なの!?」と焦ったり凹んだり・・・。

そんな思いもある中で、この絵本に出会ったのです。
私が購入したお店は、珍しい「絵本専門店」。初めて訪れたのですが、本当に絵本だらけの店内なのです。そして、絵本に関係しているグッズも一緒に置いてありました。

そこで発見したのが、ぞうくんのさんぽのパズル。ぞうくんのさんぽを気に入っていたので、もしかしたらパズルも気に入ってくれるかも・・・と、あざとい私は絵本と一緒に購入しました。

このパズルは、母の作戦がちだったのかとてもよく遊びました。
もう、母はピースを持っただけでどこに置いたらいいのか覚えましたし、ピースの向きまで覚えました。トーマスとミッフィーのパズルはとっても綺麗な状態で(ホコリをかぶった状態で)放置されていますが、ぞうくんのさんぽのパズルはパズルの端がチョットめくれそうになったり、シワができたり、使った感満載になりました。

親が本好きでも子供も好きとは限らない


よく、親が本を読んでいるところを見せると子供も一緒に読むと言われますが、本当にそうでしょうか?私は書籍全般好きですし、リビングに自分の本も放置したまま片付けていないことが多々ありますし、子供の前でもよく読んでいました。また、子供の絵本をよく読んでいました(読み聞かせとは別に趣味で)

でも、子供は絵本があまり好きではありませんし、現在国語も苦手です。とくに物語、フィクションなんかは特に苦手です。

読み聞かせは良いことだと思いますし否定はしません。私は子供の頃、母に絵本を読んでもらうのが大好きでした。
でも、本を読まない子供を目の前にして「読み聞かせが足りなかったから子供が本を読まないんだ」と凹んでおられたりしませんか?子供だって好き嫌いがあります。ただ、いろんな本があるよっていう選択肢を見せていたらそれでいいのです。読み聞かせが少なかったから本を読まないとは限りらないので、自分を責めたりしないでくださいね。

私は絵本を見せるのが少なかったのかな?絵本の選び方が悪かったのかな?など多いに凹みました。ただ、小学生になってから子供に聞くと「あんまりよくわからんから好きじゃなかった」そうです。今は地図帳や都道府県に関する本が好きで、一人で見ています。

図鑑が好きだったり、カタログが好きだったり、雑誌がすきだったり、絵本が好きだったり、文字が少ない本が好きだったり、絵が載っていない本が好きだったり、実話が好きだったり、物語が好きだったり・・・。

本にも色々あるので、どのジャンルが好きかは当然別れることがあります。通常読み聞かせに使われる物語の絵本が苦手そうに見えたなら、重たいですが図鑑やカタログを借りてみてはいかがでしょうか?大きさや迫力で食いつくこともありますよ(怖がることもありますが)

読んでくださってありがとうございます

ランキングに参加しています。クリックしてもらえると嬉しいです。
 ⇩⇩⇩
ブログランキング・にほんブログ村へ


関連記事

コメント
非公開コメント

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © はっぴいな育児をもとめて All Rights Reserved.