【絵本紹介③】はっけん! NIPPON(にっぽん) 地図と新聞で見る47都道府県 大人が楽しんで見ています。 - はっぴいな育児をもとめて

【絵本紹介③】はっけん! NIPPON(にっぽん) 地図と新聞で見る47都道府県 大人が楽しんで見ています。

こんにちは。みもざです。
今回は絵本の紹介をします。今回のは絵本というよりも図鑑に近いのかな?

私は子供のころ図鑑に憧れていました。ただ、図鑑って高いんです。また、あまり両親に興味がなかったので「図鑑を購入」っていう考えもなかったそうです。図鑑などの大型本は「図書館で見る」ものだったんですよね。私の住んでいた田舎は「図書館」というものがなかったので、図鑑とは縁のない生活をしていました。本屋さんで眺めるくらいです。

そういった子供時代があるので、かわいい図鑑は大好物。2017年7月発売のこの絵本は、発見して子供を本屋に連れて行き「どう?」と聞いて即購入しました。ある意味、子供をダシにして購入・・・。


ランキングに参加しています。クリックしてもらえると嬉しいです。
 ⇩⇩⇩
ブログランキング・にほんブログ村へ

はっけん! NIPPON(にっぽん) 地図と新聞で見る47都道府県 


一目惚れしたこの絵本。大きさは36.6 x 25.8 x 1.6 cmです。図鑑にしては分厚さは少なめです。ただ、縦横は大きいので迫力ありますよ。はっけん
B5ノートの横においても大きいですよね。ちなみにB5ノートの大きさは子供が学校で使っているノートの大きさと同じです。

なぜ、この絵本を選んだのか!

地図絵本を色々探していました。子供が地図、地理に興味を持ったことがきっかけです⇨もっとはっぴいタイムで日本の川をおぼえる!ベスト10・川。こんなのを見ていて、興味がでてきたようです。

年少か年中あたりに「にっぽん地図絵本」という本をいただきました。

この絵本も愛読していたのですが、対象年齢が幼児ということもあり、すべてひらがななんです。小学校に入るとだんだんひらがな三昧がみにくいことや、もっと情報がほしいこと、そして何よりも「県別に情報が載っている本」が欲しくなってきました。

意外と県別で見開きの本ってないんです。たいてい、地方ごとに紹介してあるんです。長い間探していたので、この本を見つけた時に「これだ!」と思ったのです。


どんな本?


見開き一ページに1都道府県です。北海道から始まります。
大きな絵本なので、見開きにすると迫力ありますよ。

見開きにしたうちの約三分の二は地図です。イラストで描かれています。この地図の中に有名なものがイラスト&文字で描かれています。これを見ているだけでも楽しいです。

そして、残りの三分の一は新聞です。新聞の名前はその県特有の方言で「○○○新聞」です。もちろん方言の説明も小さく書いてあります。この新聞、(地図の中もですが)すべての漢字にルビがふってあります。

なので、「この漢字なんて読むのー」「お母さん読めないー」という子供の叫び声は聞かなくて大丈夫です。

おすすめです


こちらの本、本当にオススメなんです。ただ、子供にってのもありますが親に。旅行好きの人にも好きになってもらえるんじゃないかと思います。旅行にいって「その土地ならではのものを食べよう!」と思った時に、その土地の食べ物ものっていますよ。

私の母親もこの絵本をみて「一冊おいとこうかな」と言ってました。テレビで話題の観光地を聞いてもパッと何県かわからないときに調べるそうです。ただ、私が中学生のときの地図帳だと老眼が進んで見にくいそうです・・・。また、合併も多々あったので新しいものが欲しくなってもいたようです。

私にとっては想像よりも重くなかったので扱いやすい絵本ですが、初めての方は重く感じるかもしれません・・・。実は、我が家には似たようなもう少し分厚い本があるのです。

こちらは、世界の国なのでもっと分厚くて重たいです。ポーランド人の方が描かれているのですが、外からみた日本はこんな漢字なのかな〜と思える絵本です。ただ、大きすぎてちょっと扱いにくいです。はっけん! NIPPON(にっぽん) 地図と新聞で見る47都道府県のほうが使えます!

長く使える絵本だと思います。地図に興味のある方は是非!

読んでくださってありがとうございます

ランキングに参加しています。クリックしてもらえると嬉しいです。
 ⇩⇩⇩
ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

コメント
非公開コメント

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © はっぴいな育児をもとめて All Rights Reserved.