すららの料金は高い?安い?使い方によって感じ方は様々。 - はっぴいな育児をもとめて

すららの料金は高い?安い?使い方によって感じ方は様々。

こんにちは。みもざです。
今回はすららの料金について考えて見たいと思います。いくら子供のためとはいえ、際限なくお金をかけられるわけではありません。今だけでなく、高校卒業までを考えるとまだまだ先は長いですから・・・。さらに大学進学を考えると、入学金・授業料は高額です。

ですので、子供が小さいうちの教育費は見極めが肝心。
すららが高く感じるか安く感じるかは、この教材をどう使うかによって変わってきます。


詳しくはこちらから⇩⇩⇩
無学年制の教材ってどんなもの?すららの紹介

すららの料金設定はどうなっているの?


兎にも角にも気になるのが料金。
無学年制となっていますが、使える範囲によって月額料金がかわります。また、入学金がかかります。
料金
気持ち的には「小学生の分野だけでいいからもう少し安くして・・・」って感じも・・・。

でも!よく考えてください!今は小学校高学年になると「英語」が始まるのです。小中コースには「英語」があるんですよ。まさに、小学生の頃から先取りできるのです。(高学年で始まっているので先取りといわないかもしれませんが・・・)

小学校高学年から中学生に向けて同じ教材で進めるのはうれしいことです。ただでさえ環境が変わって大変な時に、家庭学習のやりかたはそのままでいいんですから。小学校からの家庭学習を惰性でやりつづけていけばいいんですよ!!!(習慣がついていれば・・・)

すららと塾を迷っている場合


すららにしようか塾にしようか迷っている場合。簡単に解決できるのは「すららが学習できる塾」でしょうか。すららで学習できる塾の検索
こちらで検索して、近くにあったらラッキーですね。

例えば公文式。有名ですよね。私も近所にありますし、通っている子も多いです。公文式の料金はこちら。
公文料金
公文式HPより
公文式も無学年式のような感じですよね。得意な教科はどんどん進んでいけますから。でも、注意して料金を見てくださいね!!

これは、1教科の値段です。2教科になると下記になります。
幼児・小学生・・・¥12,960
中学生・・・・・・・・¥15,120
高校生・・・・・・・・¥17,280

中学生以上は大抵3教科以上になりそうで・・・。3教科になると・・・。
中学生・・・¥22,680
高校生・・・¥25,920

ただ、入学金はいりませんので「やってみる」ハードルは低い感じもします。

もう一つ有名どころの学研。まず、入学金¥5,400が必要です。

小学生(国・算)・・・・・・・・¥8,640
小学生(国・算・英)・・・・・¥12,960

中学生(国・算)・・・・・・・¥11,880
中学生(国・算・英)・・・・¥17,280
中学生(数・英)・・・・・・・¥14,580
中学生(英)・・・・・・・・・・¥9,180
学研HPより

学研と公文を比べると、学研の方が安いようです。

料金だけで塾とすららをくらべると、すららの方が安いです。
ただ、塾に行くと環境がかわり自宅よりも集中できたり、まわりに一生懸命学習している子供たちがいたり、指導してくれる先生がおられるのでメリットもあります。このメリット分が高いのかもしれませんね。

今回は、すららと塾の料金を比べて見ました。自宅でも集中して学習できそうかどうかが見極めどころですね。





関連記事

コメント
非公開コメント

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © はっぴいな育児をもとめて All Rights Reserved.