七田式もっとはっぴいタイムで濁音・半濁音が知らず知らずに身についてきた! - はっぴいな育児をもとめて

七田式もっとはっぴいタイムで濁音・半濁音が知らず知らずに身についてきた!

楽しみながら幼児教育!を目標にしています。
その中で七田式もっとはっぴいタイムのDVDがとてもよかったです。
今回は、幼児には難しい濁音・半濁音のDVDのコーナーを紹介します。

濁音って何?

簡単に言うと濁音とは、てんてんがついている字です。
・が・ぎ・ぐ・げ・ご
・ざ・じ・ず・ぜ・ぞ
・だ・ぢ・づ・で・ど
・ば・び・ぶ・べ・ぼ

これらの文字です。

半濁音って何?

簡単に言うと、丸がついている字です。
・ぱ・ぴ・ぷ・ぺ・ぽ

これらの文字です。

ひらがなを覚えている最中の子供には、半濁音・濁音はとても難しいです。
50音表でも、端の方に少し小さめに書いてあることもありますし・・・。

これらを、DVDをみながらなんとなく楽しく覚えられたらうれしいですよね。

DVDにはどんな感じで収録されている?

もっとはっぴいタイムでは、
最初に「が・ぎ・ぐ・げ・ご」と音楽にのってリズムよく言って
単語→絵 
の順で、どんどんカードがかわっていきます。

まず、こんな前振りがあって・・・。
image1 (4) 
「が・ぎ・ぐ・げ・ご」
と、が行をを歌って、そのあとに一文字ずついきます。
下記は、「ぐ」バージョンです。
image2 (2) 
「えのぐ」と言ったあとに、下記の絵がでます。
image3 (2) 

こんな感じで、すべての濁音がリズムにあわせて文字と絵ででてきます。

次は、半濁音です。
image5 (1) 
ここから、「ぱ・ぴ・ぷ・ぺ・ぽ」と歌って
image4 (1) 
「らっぱ」と言ったあとに、
image6.jpg 
絵が出てきます。

とっても単純ですよね。でも、この単純なのがよかったんです。
1回2回見てもわかりませんが、次々と流れていくので
嫌な気持ちになりにくいようでした。

そして、何度も見ていると覚えるんですよね。
で、「らっぱ」(テレビ音)「ラッパ」(本人の声)
と、輪唱?みたいにして、次に自分も声を出して言うようになりました。

このコーナーは
Vol.1の13番に「濁音フラッシュ」
Vol.2の13番に「半濁音フラッシュ」
に入っています。

つまり、2ヶ月続けるとこの山を乗り越えられます。

DVDには、毎月14のコーナーが入っています。

中には、子供があまりすきではないコーナーもありますが、
あっという間に流れていくので問題ありません。

また、何度も見ているとなんとなく気になってきて
結局見ていることもあります。

現在、もっとはっぴいタイムを終了して1年たっていますが
下の子が見ていると一緒に歌いながら見ています。

このDVDは1本約20分です。
20分なら、終わるまで待てそうな気がしませんか?
関連記事

コメント
非公開コメント

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © はっぴいな育児をもとめて All Rights Reserved.