【絵本紹介⑧】ことばのえほん「ぴよぴよ」「かっきくけっこ」「あっはっは」 - はっぴいな育児をもとめて

【絵本紹介⑧】ことばのえほん「ぴよぴよ」「かっきくけっこ」「あっはっは」

こんにちは。みもざです。
年が明けて、再再再スタートの実用ボールペン字の紹介をできたらと思っていましたが・・・。冬休み明けスタートを目指します。

さて、今回は小さい年齢から受け入れられやすい絵本を紹介します。私は三冊セットで購入しました。初版を持っています。確か新聞に紹介されていて一目惚れして購入した記憶があります。

ランキングに参加しています。クリックしてもらえると嬉しいです。
      ⇩⇩⇩
にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村

ことばのえほん1 ぴよぴよ 谷川俊太郎


いろいろな音や鳴き声のみの絵本です。私はこの絵がとても好きです。
読み聞かせをするときに読みやすいですよ。子供がご飯を食べるシーンは日常の食事の様子とからめて読み聞かせることができます。読み聞かせと会話ってなれないと難しいですが、そういった会話がしやすい絵本です。

ことばのえほん2 かっきくけっこ 谷川俊太郎


「あいうえお」から始まる50音の絵本です。
絵に文字が紛れ込んでいて音と絵がマッチしている絵本です。これも読み聞かせがしやすい本でした。書いてある通りに読むだけで、読み聞かせっぽくなるんですよ。そして、絵と音がマッチしているので途中で会話もはずみやすいです。

ことばのえほん3 あっはっは 谷川俊太郎


こちらは顔の表情が絵本いっぱいに書いてある絵本です。
たくさんのいろんな表情が出てきます。これに「うふふ」とか「ぐすん」とか音が書いてあります。感情や表情を子供に話す時にわかりやすいと思います。顔真似しながら読み聞かせができますよ。


今回は三冊シリーズを紹介しました。
この三冊にはかなり思い入れがあります。子供が「絵本があまり好きでない」と私が気がつく前に購入しているので、ものすごく読み込んでいます。今実物をみていても結構年季が入った感じがします。
とくに「ぴよぴよ」がたくさん読んでいる感じがします。読みやすかったんでよく手に取りました。

これら三冊のシリーズは、
○読み聞かせデビュー
○読み聞かせが苦手
という方にオススメです。かっきくけっこは、私が読んでいる時に子供がふしぎな顔で私の顔を見ていた記憶があります。多分、あんまりよくわからなかったのかな・・・。あっはっはは顔まねしてたんですけどね・・・。

読んでくださってありがとうございます。
ランキングに参加しています。クリックしてもらえると嬉しいです。⇩⇩⇩
にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村
関連記事

コメント
非公開コメント

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © はっぴいな育児をもとめて All Rights Reserved.