七田式もっとはっぴいタイムの「アルファベットフラッシュ」って何? - はっぴいな育児をもとめて

七田式もっとはっぴいタイムの「アルファベットフラッシュ」って何?

こんにちは。みもざです。3月ですね。入学説明会も終了し、恒例の名前書きにひるんでいます。昨年の記事で、自作する名前シールと、購入する名前シールを紹介していました。
自作の場合≫≫≫便利で簡単。安くできる名前シールの作り方を紹介します。
購入の場合≫≫≫算数セットの名前シールがラミネート加工されてる商品を発見。

今年もか・・・。とへこたれています(まだ始まってもいませんが・・・)ただ、算数セットは上の子の分がそのままつかえるはずなので、名前はそんなに書かなくてもいいはず。実は、上の子の時は姓しか書いてなかったんです。同学年に同じ姓の子がいなければ大丈夫ですからね。

さて、今回は、もっとはっぴいタイムの「アルファベットフラッシュ」の紹介をします。

詳しくはこちらを。どうぞ。
⇩⇩⇩
≫≫≫みもざのおすすめ「もっとはっぴいタイム」

アルファベットフラッシュ Vol.1-11


今回はアルファベットフラッシュ。今までに、変わり種ドッツフラッシュやタイアップドッツフラッシュ、おもしろフラッシュがありましたので、どんなものかは大体想像がつくのではないでしょうか?

今回のアルファベットフラッシュは大文字です。
アルファベット

今回は、大文字のアルファベットのカードがどんどん出てくるだけです。
A.jpg

大人からみると、「ここはハズレだな・・・」と思いましょね。単に、アルファベットを見せてよんでるだけ。それも順番に・・・。ですが、この地味なフラッシュがとても子供にはいいようです。情報が文字だけなので頭にも入りやすいようですよ。

アルファベットを覚えるのが早かった子供


通常小学校三年生でローマ字を覚えます。国語でやるのですが、あっという間に終わるのでアルファベットが全くわからない状態だとなかなか覚えるのに苦労すると思われます。

ローマ字って「覚えよう!」と思うと、なかなか覚えられないんですよね・・・。実は、我が子はアルファベットだけなら未就学のあいだに覚えていました。そしてローマ字は一年生か二年生あたりでほぼ覚えていました。

理由を推測すると
①アルファベットを知っていたから
②ローマ字で検索したいことがあったから

上記、2つの理由が考えられます。
小学生になりYouTubeにはまりました。見たい動画を探すために検索をするのですが、ローマ字です。そのためだけに、一生懸命覚えました。小さい文字が入ると難しいので怪しいこともありますが、学校で習う前に9割くらいは完成でしたよ。

ローマ字を覚えていなくても、アルファベットを知っているだけで大きく差が出ます。特に、小文字も知っているとなおさら。未就学の間に楽しく覚えておきませんか?

もう少し詳しい説明はこちらからどうぞ
             ⇩⇩⇩
関連記事

コメント
非公開コメント

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © はっぴいな育児をもとめて All Rights Reserved.