七田式もっとはっぴいタイムで「つなぎのことば」を覚える。 - はっぴいな育児をもとめて

七田式もっとはっぴいタイムで「つなぎのことば」を覚える。

今日は、もっとはっぴいタイムのDVDにある「つなぎのことば」について紹介します。
「つなぎのことば」って何かわかりますか?
接続詞のことです。接続詞とは文と文をつなぐ言葉です。

接続詞を理屈で幼児に教えるのは難しい

もっとはっぴいタイムVol.3-13にでてくる「つなぎことば」は3種類。
「は」「わ」と「へ」「え」と「お」「を」です。
これらを理屈で教えるって難しいと思いませんか?
っていうか、難しいじゃなくて私は無理です。
せいぜい、「こんな感じ」っていうくらいしか教えられません。

自分は、こういったことをどうやって覚えてきたのだろうと思います。
本を読むのが好きだったから、それで覚えたのかなぁと思っていましたが、
母親に聞いたら「先生と顔をあわせるのが辛いくらい成績が悪かった」と言われたので
小学校低学年の間は、あまり身にはついていなかったようです。(;゜0゜)

さて、理屈で覚えるのが難しい場合は数をこなして、
「こういう場合はこれ」というパターンを覚えるしかありません。

何度も何度も見ていると、映像と音で刷り込まれていきます。

もっとはっぴいタイムでの映像とプリント

これは、DVD教材のVol.3-13です。

つなぎのことば 
トロッコに乗った七之助(メインキャラクター)がどっちの道に進むのが
正解か?という構成です。

下記画面がでてきて「は」「わ」どっちかな?
となると、
わ、は 
下の、画面に切り替わります。
見ながら考える時間が過ぎて、

ぼくはしちのすけです 
次に答えがでるのです。
正解の場合は「やったー」と喜び、
不正解の場合は、暗闇のトンネルでお化けがでていました。

といっても、3問だけです。
DVDは嫌にならない程度の量で、「もっとやりたい」を引き出している感じでした。

その、「もっとやりたい」の気持ちを持って、プリント教材をするのがベストです。

下記のようなプリントがあります。
「もじ」「かず」と2種類のプリントが24枚入っています。
平日、1日2枚の計算になります。

プリント選ぶ 

プリント穴埋め 
ただ、このプリント。
DVDをみているだけではなかなか難しい。
もっとはっぴいたいむは4歳〜6歳が対象となっていますが、
4、5歳にとっては難しいんじゃないかなと思いました。

でも、絵本が好きな子は簡単かな?

我が子は年長の終わり頃から始めているので、1年生の時がメインでした。
それでも、なかなか苦戦するところもあったので・・・。

ただ、学校で習い始める直前からやり始めたので
理解しやすく、学校ではよくわかるようになっていたので、
プリントもあまり嫌がることはありませんでした。

途中からは「かんたーん」といってましたから・・・。
そりゃ、小学校で色々と勉強し始めますからね|д゚)チラッ

この「つなぎのことば」は絵本にあまり興味がない子には
苦戦するところですよ。親も教えにくいし・・・。

どんなものか気になる方は↓↓↓こちらからどうぞ。

さて、ことば遊びです!!

①はははははじょうぶだ
②うらにわにはにわにわにはにわとりがいる

これわかりますか〜?
聞いたことはあると思いますが、実際文字になると焦りますよね。

①母は歯は丈夫だ
②裏庭には二羽、庭には二羽鶏がいる

です。日本語って難しいですよね〜。
関連記事

コメント
非公開コメント

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © はっぴいな育児をもとめて All Rights Reserved.