幼児から小学三年生まで使えるプリントキッズ - はっぴいな育児をもとめて

幼児から小学三年生まで使えるプリントキッズ

無料プリントで有名なプリントキッズをご存知ですか?
↑↑↑
こちらで紹介した無料プリントもありますが、もう少し可愛らしいデザインです。

有名なのでご存知だったでしょうか?ご存知の方もそうでない方も
よろしければクリックお願いします。
  ↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

プリントキッズが好きな理由

私がプリントキッズが好きな理由は「かわいい」から。
一つ一つのデザインが可愛いのです(〃▽〃)

製作者の方は、自分の子供のためにプリントを作られたそうです。
そして、プリントをされているだけでトップクラスを維持されたようです。

ただ、猛烈に学習されたのではなくて、毎日少しずつコツコツとプリントを
積み重ねていかれたそうです。

また、インターネット学習よりもプリント学習を推奨されています。
それは、インターネットよりもプリントの方が定着率がよいから。

人によるとは思いますが、便利さだけを追い求めるのも・・・。
ということではないでしょうか。

可愛い以外にもお財布にやさしいから

やっぱり、やりもしないワークを買うのはいくら安くても腹立たしいです。
でも、プリント学習ならするであろう枚数を予想してプリントできるので
経済的です。同じところを何度もできるのも魅力的⭐️
(破り捨てられてもなんとか耐えられます(♯`∧´)

スタート時期について

こちらのブログをみられている方は、未就学児がおられるかたか小学生かはわかりませんが、製作者の方は「スタート時期は子供が興味を示した時」だと書かれていました。

つまり、「人に左右されない」

早いに越したことはないようですが、興味がなければ続きません。
続けることこそが重要なようですね。(それが難しいのですが・・・)

少しでも楽しく続けられるように、可愛らしいデザインになっているのかもしれません。

↑↑↑
こちらから、幼児向けの学習カリキュラムにいけます。

まだ、鉛筆の持ち始めあたりだと、いきなり文字をするのではなく「運筆」「ぬりえ」をお勧めします。
理由は筆圧です。
鉛筆の持ち始めは筆圧が弱いです。小学校でもそうですが、最初の頃は筆圧の訓練なのか運筆やぬりえの宿題が毎日のようにでます。

こどもが「字が書きたい!」ということでしたら、意欲のあるものからやるのがベストですが特に意思表示がない場合は、運筆やぬりえもとりいれつつ進めることをおすすめします。

幼児向け学習カリキュラムだけでもたくさんあります。
これだけあれば、やりきることは難しいほどです。

有料教材の前に無料プリントで様子をみていくのもいいのではないかと思いますよ。

ちなみに、我が家ではプリントキッズもちびむすドリルも只今お世話になっています。
去年はハッピータイムがあったのでよかったのですが、今年はないので( ノД`)
ただ、コツコツできないのが悩みのタネ・゚・(つД`)・゚・

単元によってあちこち選びながら使っています。
同じものを何度も印刷することもあります。(全くやらないものも)

プリンターがあれば、一枚試してみませんか?

コツコツって子供だけでなく準備する親もコツコツって難しいですよね。
多分、私は熱意が少ないのかもしれないけれど・・・。
もしよろしければ、ポチッとお願いします。
       ↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

コメント
非公開コメント

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © はっぴいな育児をもとめて All Rights Reserved.