便利で簡単。安くできる名前シールの作り方を紹介します。 - はっぴいな育児をもとめて

便利で簡単。安くできる名前シールの作り方を紹介します。

来年度から、小学生になるお子様をお持ちのみなさま。
算数セットの名前書きに奮闘してらっしゃいますか?
でも、算数セットで全部ではないですよね。地味に大変なのが文房具。

鉛筆、クレヨン、絵の具、色鉛筆、道具袋の中身・・・。

どんどんでてくる名前書きに、ちょっとしたアイデアで少しラクになるシールを紹介します。

いや、これでもそれなりに手間はかかるんですが・・・ね。
ポチッと押してから続きを読んでいただけたらありがたいです。
  ↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ


算数セットや文房具の名前書きで、インターネットやお店でも「名前シール」を注文することができますよね。
色々なサイズが選べて、張りやすくなっています。

でも、これって、足りますか?

いや、多めに注文していたら足りると思いますが、値段も気になりますよね。
それに、入学した時はよくても、
入学後、文房具は消耗品ですから、どんどん買い足しますよ!!

つまり、一気にはこないけど地味に名前を書いていかないといけないのです。

逃げられません。


そんなときに、私は自分でなんとかならないか考えました。
というか、鉛筆に名前を書いていたらマジックだと見えにくいんです。

それに、色鉛筆で黒に直接名前は書いても見えないんです。

それが、あまりにしんどかったのと、でも、名前シールを注文するのはアホらしかったので
カラカラいう頭を使って考えました。

それが、「自作名前シール」

材料は、A4フリーカットシール用紙。

この、フリーカットシール用紙はダイソーで買いました。
シール台紙

文房具屋さんで購入すると、20枚入り1,000円くらいで売っているのでご注意を!!

ダイソーの場合は5枚100円プラス税で購入できました。
(兄弟姉妹がたくさんいて、6年分もう印刷するんだ!!という人は20枚くらいいるかも!?)

作り方


エクセルで名前のシートを作る。
 名前の大きさは、8pt か10ptあたりがいいのではないかと思います。
えんぴつ

この画像の、上の鉛筆(大きい字)は10ptで下の鉛筆(小さい方)は8ptです。
ひらがながたくさんかいてあるシートの左側が8pt、右側が10ptです。

つまり、こういったものを作るのです。

名前の大きさを決めたら入力し、枠の調節をして罫線を引きます。

この罫線を引くのがポイントです!!

(この理由は後ほど)

印刷前に、「余白の設定」で、「狭い」にすると、もう一列くらい作れますよ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

さあ、では印刷です。いきなり、シール台紙に印刷して、もし思いの大きさでなかったらもったいないので
最初は適当なA4用紙に印刷しましょう。

印刷して、具合がよければ、シール台紙で印刷してください。

シール台紙に印刷ができたあとは
その後、罫線にそってカッターナイフで切り込みを入れます。(線を引く感じで)
このときに、罫線があると引きやすいのです!!
(ポイントですっていってたやつです)

力をかけて切り込みを入れるとバラバラになってしまうので、そこの手加減は頑張って調整してみてください。
一番いい感じなのは、シールだけ切れて、台紙が切れてない状態です。


そうすると、市販のシール台紙のようにペリペリ綺麗にめくるのは難しいですが、
それなりに「名前シール」になります。

作るのはめんどくさいですが、一度作っておくと長く楽できますよ。

名前シールにお金をかけるのって嫌!!という方へ、ダイソーグッズで作る名前シールを紹介しました。

スティックのりやセロテープやボンドやはさみや・・・・。
色々なものに貼れるので、私は重宝しています。


さて、今日の自作名前シールは使えそうでしょうか?
もし、「やってみよう」と思われる方は、いや「めんどくさいからいいわ」って人も
ポチッと押してくださると嬉しいです( ^ω^ )
   ↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログへ
関連記事

コメント
非公開コメント

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © はっぴいな育児をもとめて All Rights Reserved.