七田式もっとはっぴいタイムで「実験教室」をみる - はっぴいな育児をもとめて

七田式もっとはっぴいタイムで「実験教室」をみる

久々に、もっとはっぴいタイムの紹介をします。
最近は、ユーキャンの実用ボールペン字講座の紹介ばかりになっていました・・・。自分でやって、どこまで続けられるか実践している最中です。さすがに、毎日は無理ですが、少しずつでもコツコツと続けていきたいと思います。

さて、もっとはっぴいタイムは実験教室の紹介をします。
絵の具を使っての遊びって、家の中では「汚される」と気になり中々したくありません。(好きな人はされると思いますが、私はあまり好きではありません・・・)

自分でやらないと身につかないともいいますが、やっているところをみるだけでも違うかも・・・。ということで、そんな内容ももっとはっぴいタイムにはあるので紹介します。

ランキングに参加しています。クリックしてもらえると嬉しいです。
 ⇩⇩⇩
ブログランキング・にほんブログ村へ

もっとはっぴいタイム「実験教室」


こちらの内容は、もっとはっぴいタイムVol.3-9に入っています。
どんな内容かというと、絵の具をまぜると何色になる?を実際に絵の具を混ぜてみて観察します。絵の具を混ぜるだけなので、自宅でもやろうと思えばできる内容ですが、「汚れ」を気にするので中々できるものではありません。
実験教室1


まずは絵の具を混ぜる様子を実験しています。
実験教室2

さて、「青」と「赤」を混ぜると何色になるでしょう?
実験教室3

まぜ始めます。ここから、どんどん混ぜて色を合わせていきます。
実験教室4

さあ、全部混ざると・・・
実験教室5

紫色になりました。
実際に映像をみると、わかりやすいですよね。
こういった色を混ぜるバージョンが何種類かあります。

他には、「この色は、何色と何色を混ぜるとできるでしょう?」を実験します。
この実験は、上記と同じように実験し、あとから巻き戻していく方法で確認します。

「ピンク」色は何色と何色からできているでしょう?
実験教室6

スタートのピンク色の絵の具があります。
これが、何色と何色を混ぜていたのか確認するために巻き戻します。
実験教室7

さて、混ぜ始めは・・・
実験教室8


こんな風に、映像を使って実験をしてくれます。

実際にやるのが一番だけど、できない場合は映像でみる


本当は、自分でやってみるのが一番です。
でも、いつもいつも大人が一緒にやってあげられるわけではありません。
親だって、時間的にも体力的にも気力的にもできることとできないことがあります。

そんな時に、映像で確認できるとやらないよりはいいと思いませんか?
教科書的に「赤」と「青」を混ぜると「紫」だよ。
と、事実を教えてもらうのも大切です。
でも、答えを知らない中でワクワクしながら答えを待つのも楽しいことです。

そんな、楽しみながら学習できる機会をふやすことができます。
いつもいつも、親ができることではありません。
それを、補ってもらうために、もっとはっぴいタイムはいい教材です。

関連記事

コメント
非公開コメント

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © はっぴいな育児をもとめて All Rights Reserved.