ギスギスしていた心にほっこりしたお話 - はっぴいな育児をもとめて

ギスギスしていた心にほっこりしたお話

4月になり、PTAや地区の役員決めがありました。
これらってものすごく消耗しますよね。
決まってしまえば仕方ないのでやるしかないです。
でも、決まった過程の噂がちらほら出始めると、悶々とすることもでてきます。それが噴出したので疲れていました。
でも、先週末にとてもほっこりする話が聞けたので穏やかな気持ちになりました。

ランキングに参加しています。クリックしてもらえると嬉しいです。
 ⇩⇩⇩
ブログランキング・にほんブログ村へ

小学校の役員決めで慣例通りにならなかった理由


地区によって決め方が違う役員選出。
こちらの地区では投票だったようです。
で、この投票には慣例があり「出席番号順」なんです。見ず知らずの保護者の名前なんて書くのは難しいです。それから生まれた慣例のようですが、ほぼほぼ毎年順番にあたります。

そして、今年順番で当たる予定の方がなんと外れたそうなんです!
その理由というのが、
「今年、○○で大変そうだから外してあげよう」
と、根回しなしで個々に外されていたそうです。

大変そうな理由は伏せさせていただきます。

私はこれを聞いてとても心がほっこりしました。

最近、「妊娠中でも関係ない」「出産直後でも関係ない」「病気でも関係ない」「子供が病弱でも関係ない」「2度目でも関係ない」「他で役員していても関係ない」・・・・など、できない理由を言っても全く聞いてもらえない環境にいたので、この話を聞いてとても心が穏やかになったのです。

それが、グループLINEなどで繋がったところの判断ではなく、そのご家庭のことを知っている方々が個別に判断されていたそうなんですよね。投票した人たちは自分が当たる可能性もあるのにそういった行動をとられたのです。

この「持ちつ持たれつ」な感じっていいなぁと思いました。

園の役員決めで慣例通りにいかなかった理由


もう一つのお話。
こちらはあまり気分のいいものではありません。

こちらも投票で役員が決まる園での出来事です。慣例通りにいくと役員になりそうな方が、どうしても当たりたくなかったので投票前に知り合いに「私が当たると今年は困る。だから○○さんにみんなでいれよう」と話されたそうです。
この○○さんには当然了解はとっていません。

こんな風に出来ることが、ママ友のグループの強さなのでしょう。多数決では圧倒的に強いです。
何かあった時には、数の力で・・・と息苦しくてもグループから抜けられなくなりそうです。抜けると何が起こるかわかりませんし・・・ね。

いい話が聞けただけでも幸せ


2つのお話ですが、大抵の場合後者ににたような話が多いのではないかと思います。
色々厳しいですから・・・。

でも、前者のようなめったに聞かない話が聞けて今週はいいスタートがきれました。
家庭訪問や参観日などですっかり疲れてしまいましたが、気持ちはほっこりです。体の方はまだまだですが・・・。
年とともに回復も難しい・゚・(つД`)・゚・

読んでくださってありがとうございます

ランキングに参加しています。クリックしてもらえると嬉しいです。
 ⇩⇩⇩
ブログランキング・にほんブログ村へ




関連記事

コメント
非公開コメント

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © はっぴいな育児をもとめて All Rights Reserved.