無学年制教材!対話型アニメーション、インターネット教材【すらら】が低学年の教材も徐々に追加されます。 - はっぴいな育児をもとめて

無学年制教材!対話型アニメーション、インターネット教材【すらら】が低学年の教材も徐々に追加されます。

こんにちは。
最近、タブレット教材が増えてきて「どれがいいのかわからない」とお悩みではありませんか?その教材選びで疲れておられるかもしれません。そんな中、頭痛のタネを増やしてしまうかもしれませんがこの教材も検討していただけたらと思います。⇩⇩⇩
無学年制教材!対話型アニメーション、インターネット教材【すらら】

こちらの教材はパソコンかタブレット端末で利用することができます。

ゲームのような仕組みでゲーム以外のことをする【ゲーミフィケーション】


以前、「ゲーミフィケーション」という言葉が出てきたことを覚えておられるでしょうか?
ゲームのような仕組みで、ゲーム以外のことをすることです。これが、教育にとりいれられるようになったのです。

少し前の記事になります⇩⇩⇩
企業・業界 企業・業界 ゲーム会社制作の教科書が異例のヒット?学力向上も?教育を変えるゲーミフィケーション
 
このゲーミフィケーションという言葉が出てきた頃は、知育アプリのような学習できるアプリが多く出てきた頃とも重なります。
今までは、勉強とは「机に座って紙と鉛筆で!」というイメージでした。
しかし電子機器で楽しみながら遊びながら身につけていってもいいじゃないかという流れがでてきました。

アプリだけでなくDSソフトやゲーム機器、DVDも知育系のものが多く出回りましたね。

そして、色々なタブレット教材がでてきました。
大手の子供用通信教材では大抵タブレットで学習できるよう選ぶことができます。
そうすると出てくるのが「どれがいいんだろう?」

すららとは?5つの特徴


この教材は、
インターネットを通じてゲーム感覚で学ぶことができる、対話型のデジタル教材です。

今までのデジタル教材は、下記3つのタイプが大半でした。
◉動画配信型
◉問題集型
◉ゲーム型
⇨動画をみているだけでは身についたかどうか確認ができない
⇨問題集をとくだけでは、最初からとけないときにやる気がでない
⇨反復学習が多く、体系的に学習できない

など、個々で使うにはいい教材でも「それだけ」では不十分なものがありました。

すららは「動画配信型」「問題集型」「ゲーム型」のいいところを組み合わせて作られているのです。

下記で5つの特徴を紹介します。

「わかる!」キャラクターによる対話型授業


根本的な考え方を理解できるように映像を使ってスモールステップで丁寧に解説してあります。聞いているだけでは飽きてしまったり眠たくなってしまいがち。そうならないための参加型の授業です。
学習1
授業の後には練習問題があります。学習2
答えがすぐに確認できると途中で集中力がきれることもありません。

「できる!」自分にあった問題がでる。解けない理由を教えてくれる


オーダーメイドな問題なので、自分の得意や苦手のレベルに合わせられています。スモールステップといっても自分で問題を選ぶのは至難の技です。選べたことで達成感をえても問題をしなければ力はつきません。自分にあった問題を選んでもらえることで余分な時間を省けます。
また、解けない問題、解けない理由を診断し「今、必要な問題」を出題してくれます。
問題4
間違った場合は、見落としていそうな場所をヒントとして教えてくれます。

「使える!」試験を何度でもシミュレーションできる


教科書別の定期テスト対策ができます。また、学力診断テストはすぐに結果がでるので自分の今の力をすぐにチェックできます。疑問に思ったこと、つまずいたところをすぐに確認することで確実に力にしていきます。
小テストで今日学習したことの確認や、前回の復習をすることができます。

「見守る!」すららコーチがフォローし、保護者は見守る


親が「勉強しなさい!」といってきちんと勉強ができる子ばかりではありませんよね。大抵、何かしらのいざこざが起こります。そんな不毛な親子ゲンカは少ないに越したことはありません。
すららコーチは子供に合わせた勉強ができるように遠隔でフォローします。
学習計画を立ててもらったり、質問機能で質問に答えてもらったり、たまには応援メッセージが届くこともあります。

また、本当に勉強しているのか気になる保護者のために保護者用管理画面で学習が見える化されています。学習した時間やクリアした単元数を確認できます。また、すららコーチからも毎週子供の学習内容が報告されます。

「続く!」ゲームの仕組みで続く。リアルイベントも参加可能


色々なキャラクターが出てきたり、画面を操作してゲーム感覚で学習をすることができます。また、リアルイベントも行われるため、「負けないぞ」「もっとがんばろう」という競争も生まれます。

「すららカップ」は期間中の二ヶ月で「すらら」の利用者同士で競う大会です。
「総学習時間」「総学習ユニット数」で競い合い、学年やエリアは問われません。
成績や偏差値で競うのではなく「すららカップ」は「重ねた努力の数」を評価します。

小学生低学年の教材配信が始まる


以前は小学校高学年(4年生)からの学習でしたが、徐々に低学年の学習も始まっています。
現在、1〜3年生の一学期分が配信されています。二学期分は8月頃配信を予定されています。
低学年2
この教材なんと、「とめ・はね・はらい」「書き順」「字形」が正しいかまで判断されるのです!

無学年方式で究極の個別学習法


「勉強ができない」「勉強がわからない」時、塾や問題集に頼っても解決しない場合があります。それは、学年相応の学習から入っているから。それ以前で抜け落ちているところがあれば、基礎から丁寧に学習し直し、わかる分野はどんどん進めていく、そういったことができるのが「すらら」です。
⇨つまずきが多すぎて何がわからないかわからない場合
 ゼロから積み上げていく「体系学習」

⇨苦手な単元を残したまま進級してしまった場合
 苦手な単元だけを学習する「重点学習」

⇨自宅で自習し、学校を復習の場とする場合
 今の授業が簡単に感じた時の「先取り学習」

これらに対応しています。


まだ小学校低学年の間は、教材が揃ってからスタートされるのがよいと思います。すでに、低学年の課題を終了されている場合はその限りではありません。

小中学校の全ての教材が使えるコース、
中高の全ての教材が使えるコース、
小中高の全ての教材が使えるコースと料金体系も別れています。
「今」だけでなく、先のことも見据えて学習できるので、少しの疑問からどんどん先にすすめる可能性を秘めています。

無料体験や資料請求で他の教材との違いを体験されませんか?⇩⇩⇩
無学年制教材!対話型アニメーション、インターネット教材【すらら】
関連記事

コメント
非公開コメント

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © はっぴいな育児をもとめて All Rights Reserved.