もうすぐ歯の予防デー。6(ム)月4(シ)日。 - はっぴいな育児をもとめて

もうすぐ歯の予防デー。6(ム)月4(シ)日。

すでに5月も後半。さわやかな季節ももうあとわずか。梅雨の足音が迫ってきていますね。
さて、6月4日は虫歯予防デー。
今年は日曜日なので当日に園や学校で何かをすることはないと思いますが、4日前後には何かしら行事が組まれるのではないでしょうか?

ランキングに参加しています。クリックしてもらえると嬉しいです。
 ⇩⇩⇩
ブログランキング・にほんブログ村へ

虫歯の予防については、耳にタコができるくらい言われます。最初は、4ヶ月健診くらいから・・・。
でも、2人目、3人目・・・になってくると、上の子のお菓子を一緒に食べてしまうので虫歯になりやすい。
もう、ゆるーい目標で虫歯を予防していくのが現実的です。

虫歯の原因をできるだけ作らないようにする


虫歯予防対策といえば「歯磨き」ですよね。
そして、この「歯磨き」がうまくできず親子の関係が悪くなったり・・・。

でも、ちょっと待って。

歯磨き以外の有効な虫歯対策は!?


歯磨きは「歯についた歯こうをとること」です。これが上手にとれずに虫歯になっていきます。
では「歯に歯こうがつかないようにすればいいんじゃない?」

だ液の働きを生かせる食べ方をする


だ液の大きな働きは2つあります。

◉口の中の糖分などを洗い流す
◉歯を再石灰化する

歯が溶けることを防いだり、溶けてしまった部分を修復したりする働きがあります。

だ液を生かすポイント


◉食べる時と食べない時のメリハリをつける
だらだら食べはよくありません。お行儀が悪いから注意されていると思っていましたが、虫歯予防の効果もあるんですね。口の中に何も入ってない環境を作ることは大切です。
これは、3食とおやつの時間を決めることが有効かと思います。

◉寝る前に食べない
就寝中はだ液が働きません。口の中を整える環境にないので、食べたまま寝ることがないようにしましょう。

簡単なことほど難しい


やったほうがいい方法は一つ一つはすべて簡単です。でも、できないのはなぜでしょう?
「子供が嫌がるから」
「親が忘れるから」
大まかにはこんな理由からではないでしょうか?

コツコツと積み上げていくことはとても大変です。
ルーチンワークに入れたはずでも、「やらなくても大丈夫」と思えることは省いてしまいます。
ズボラにはかなりのハードルの高さだからです。

ただ、「食後にお茶を飲む」動作一つでも虫歯の予防になります。
これだと、子供に「やりなさい」というのもまだハードルは低い。

簡単なことから始めてみませんか?
≫≫≫子どものむし歯予防(1)むし歯の原因を作らない


読んでくださってありがとうございます

ランキングに参加しています。クリックしてもらえると嬉しいです。
 ⇩⇩⇩
ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事

コメント
非公開コメント

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © はっぴいな育児をもとめて All Rights Reserved.